アイドレス関連の二日の個人用wiki

日常会話術 RD8 評価値5
部品:日常会話術とは
部品:挨拶の重要性
部品:相手の表情や様子を察する
部品:適切な距離感
部品:聞き取りやすいしゃべり方
部品:話を聞く姿勢
部品:汎用的な話題
部品:ありがとうとごめんなさい


日常会話術とは
友人、同僚、恋人、家族、その他色々な人と日常で接する際に、円滑に会話を進めるためのちょっとした心がけのことを言う。年が離れていたり立場が違っても、相手を尊重して会話をすることが大切である。

挨拶の重要性
挨拶というのは社会生活上のマナーである。それと同時にこれがあることで相手からの印象が良くなり、円滑に会話をすることができる。「こんにちは」「こんばんは」などの簡単な挨拶や、初めて会う人には「はじめまして」久しぶりに会う人には「お久しぶりです」など、相手や時間に合わせた挨拶をしてみましょう。会話の終わりには「では、また」「またね」などの挨拶で、また貴方と話がしたいという気持ちを伝えましょう。

相手の表情や様子を察する
会話というのは相手とのコミュニケーションが成り立ってはじめて成立するものです。一方的に言葉を投げるのではなく、相手のことをよく観察して「この話題を楽しんでいるか」「不快に思っていないか」「相手を傷つけていないか」を考えてみましょう。一方的にしゃべり続けることで相手が退屈になったり、逆にしゃべるのが苦手な人に沢山話すことを強要していないかを常に気をつけなければいけません。誰かが一方的にしゃべり過ぎることで話すタイミングを逸している人がいたら、さりげなく話題を振ったり、会話の方向が全員に向くように心がけてみましょう。その際決して場を支配しようとは思わず、自然に会話が楽しく流れるようにサポートする気持ちでいることも大切です。

適切な距離感
そこまで親しくない相手からいきなりくだけた調子で話しかけられたり、逆に親しいと思っている相手から他人行儀に話しかけられると嫌な思いや悲しい思いをすることもあります。相手と自分との関係性について、自分の認識だけではなく客観的にも見た上で適切な距離感で会話をするようにしましょう。どんなに距離を縮めたいと思っている相手とでも、まずは少し離れたところから。会話を重ねることで少しずつその距離が縮まるよう、適切な距離感での会話を心がけましょう

聞き取りやすいしゃべり方
どんなに楽しい内容の話をしていても、それが相手に伝わらなければ意味がありません。滑舌に気をつけて、周りが聞き取りやすい好感の持てるしゃべり方に気をつけましょう。また、極度に大きな声や聞き取れないほど小さな声にならないように、その場に合った適度な声量で話すことも心がけましょう。

話を聞く姿勢
話をするだけが会話ではありません。相手が気持ちよく話ができるよう、話を聞く時は適度な相槌や頷きなども返しましょう。気になったり興味を持った部分に対して相手に問いかける形で言葉を挟むことで、より会話が盛り上がることもあります。ただし話の腰を折ったり、無闇に否定したり、無理やり自分の話題に引き込むようなことはしてはいけません。相手が悲しそう、辛そうな時はそっと寄り添って、相手が話をできそうなら静かに聞いてあげましょう。無理に元気づけたり過剰に励ましたりせず、相手がほっと息をつくまで優しく頷きながら話を聞きましょう。

汎用的な話題
初対面でまだお互いのことが分かっていない場合や、何となく会話が途切れてしまった場合の汎用的な話題を普段から仕入れておきましょう。天気の話題、最近あったニュース、今いる場所の話題など、お互いが知っていて更に不快だったり過激でない話題が好ましいでしょう。もしくはペットの話題、流行りの映画、食べ物の話など、多くの人が興味のありそうな話題をそれとなく振ってみるのもいいでしょう。逆に沈黙が苦にならない雰囲気の場合は、無理に話題を振ったりせずにその空気を楽しむのもいいでしょう。

ありがとうとごめんなさい
これを素直に言えるかどうかで、相手からの印象がぐっと変わります。何かをしてもらったり、楽しい時間を過ごせたことに対する感謝はしっかり相手に伝えましょう。自分に非がある時は、きちんと謝りましょう。謝ったら負け、などということはありません。これからも円滑に関係を続けていきたいのであれば、感謝と謝罪は必ず声に出しましょう。心の中で思っているだけでは、相手には全く伝わりません。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます